CEOより

テレステーションはサービスを通してお客さまに満足を提供します。

メッセージ

その人の人格を何より重視したい

代表取締役 卯目 英喜

私は社員には素直に考え、裏表のない生き方をしてもらいたいと考えています。
若い頃、「人格に問題があっても、能力値が高い人間」に対し、ずっと目を瞑ってきました。
仕事の処理能力のみに重きを置いていたのです。しかしそれは幾度も失敗を招きました。
今では人を雇うとき、仕事における能力値よりも、その人の人格を何より重視して採用するようにしています。

「この人と一緒に仕事がしたい」と思えるような人と仕事ができたら、それは社員にとって理想的な職場環境といえるでしょう。たとえば、何か仕事を頼むとき、その人が仮に失敗することがあったとしても、頼んだことを後悔しない。それだけの人柄を持っている社員であれば、その失敗を皆で補い合い、埋めることも容易いはずです。人柄の良い社員が集まれば、自然と会社の雰囲気が明るくなり、会社全体が良い方向に向かい始めます。

チームの一員として、足りない部分を支えあえる人材

私は社員に対して、「自分の頭で考えること、キーマンを見つけること、チームをつくること」を促しています。
チームのなかで、誰が何をするか、互いに確認しあわなくても分かり合っている信頼関係を築くことで、仕事をより効率良く、円滑に進めることができるようになります。自分がいかに人に助けられているか、決して忘れてはいけません。チームの一員としての自覚を持ち、自分の「役割」をしっかり考え把握した上で行動できる人材を、テレステーションでは求めています。

人によって生き方が違い、できることが違う。適材適所という言葉通り、私は社員には自分の力、特性に見合った仕事をしてもらいたいと思っております。その人が持っているものにあわせて元気にやってもらえれば、それ以上のことは望みません。
社員同士がお互いに足りない部分を補いあい、支えあって仕事をしてもらいたいと思います。
しかし決して、誰かに仕事をやってもらえることをただただ待つような甘えた心構えではいけません。
自分にはこの仕事はできない。では自分ができることは一体何だろう、自分が一番力を発揮できることは何だろう、それを考え、自分が出来る最善を尽くすことが重要なのです。自分の最大限の力を出し切って頑張り抜いたとき、人間としてより魅力的に、一回りも二回りも成長できるはずです。

社員一人ひとりの成長がテレステーションを変える

株式会社テレステーションには、有り触れた、「常識」という型通りの会社ではなく、独自の型を持った会社であってほしいと思います。そして、その型は常に変化し、それを作り変えていくのはテレステーション社員です。
社員によって、テレステーションはいくらでも形を変えていきます。つまり、社員一人ひとりの成長がテレステーションの成長に直接繋がっていくということです。豊かな未来のために。皆さんの大いなる可能性に期待しています。

エントリーする